menu

「令和3年度大阪大学賞」を3名の教員が受賞しました

量子情報・量子生命研究センター長の北川勝浩 教授が、当センターの設立に関する顕著な貢献に対し、その功績が讃えられ、令和3年度大阪大学賞の大学運営部門で表彰されました。
さらに、当センターのメンバーである情報科学研究科の置田真生 准教授が教育貢献部門で、基礎工学研究科の生田力三 助教が若手教員部門で表彰されました。

 

【令和3年度大阪大学賞】

<大学運営部門>

業績名「世界最先端研究機構 量子情報・量子生命研究センターの設立に関する顕著な貢献」

基礎工学研究科 教授 北川 勝浩

 

<教育貢献部門>

業績名「最新の情報技術を駆使したオンライン教育の取り組み」

情報科学研究科 准教授 置田 真生

 

<若手教員部門>

業績名「単一光子波長変換に基づく量子インターネットの研究」

基礎工学研究科 助教 生田 力三