menu

竹森那由多 特任准教授が、第16回日本物理学会若手奨励賞を受賞されました

量子情報・量子生命研究センターの竹森那由多 特任准教授が、第16回日本物理学会若手奨励賞(領域6)を受賞され、2022年3月16日に日本物理学会 第77回年次大会で受賞記念講演が行われ、表彰されました。

 

対象研究/対象論文:
準周期系に特有な電子相関と超伝導状態に関する理論研究

“Local Electron Correlations in a Two-Dimensional Hubbard Model on the Penrose Lattice”, Nayuta Takemori and Akihisa Koga, J. Phys. Soc. Japan 84, 023701 (2015)

“Superconductivity on a quasiperiodic lattice: Extended-to-localized crossover of Cooper pairs”, Shiro Sakai, Nayuta Takemori, Akihisa Koga and Ryotaro Arita, Phys. Rev. B 95, 024509 (2017)

“Physical properties of weak-coupling quasiperiodic superconductors”, Nayuta Takemori, Ryotaro Arita and Shiro Sakai, Phys. Rev. B 102, 115108 (2020)

 

詳細はこちら:
第16回(2022年)日本物理学会若手奨励賞受賞者一覧
(受賞者一覧には、前職の所属で掲載されています)