menu

令和4年度QLEARフェローシップ生 スタンダード選考募集(主にM2対象 受付期間 11月 1日~11月17日)

【令和4年度QLEARフェローシップ生 スタンダード選考募集要項】

令和4年度QLEARフェローシップ生 スタンダード選考募集要項(主にM2対象 受付期間 11月 1日~11月17日)

は下記からダウンロードしてください。

<採用人数>

 25名

<申請資格>

募集要項「3.活動」の事項①~⑤に必ず参加することを申請条件とし、本フェローシップに申請できる者は、次に掲げる事項(1)(2)をともに満たす者とします。

1)下表の本学大学院博士課程(後期課程)の研究科・専攻にあっては、2022 年4月入学見込みの者または2021 10 月に入学した者で、2022 年4月1日時点で第1年次の者。医学系研究科の4年制博士課程にあっては、2022 年4月1日時点で第2年次の者。

22022 年4月1日時点で満 30 歳未満(臨床研修を課せられた医学系分野に在籍した者においては満 33 歳未満)の者。

課程種別

研究科・専攻

博士後期課程

理学研究科(数学専攻、物理学専攻、化学専攻、生物科学専攻、高分子科学専攻、宇宙地球科学専攻)

医学系研究科(保健学専攻)

工学研究科(生物工学専攻、応用化学専攻、物理学系専攻、機械工学専攻、マテリアル生産科学専攻、環境エネルギー工学専攻、電気電子情報通信工学専攻、ビジネスエンジニアリング専攻)

基礎工学研究科(物質創成専攻、システム創成専攻、機能創成専攻)

情報科学研究科(情報システム工学専攻、コンピューターサイエンス専攻、情報ネットワーク学専攻)

4年制博士課程

医学系研究科(医学専攻)

注)上記研究科・専攻に所属する博士課程教育リーディングプログラム、卓越大学院プログラム、理工情報系オナー大学院プログラムの履修生も申請できます。

採用期間開始日(2022 4 1 日)時点で、次に掲げる者は受給資格がありません。採用期間開始日までに以下に掲げる奨学金等の受給を終了(辞退)する場合、または申請時点で以下に掲げる奨学金等の受給(内定)が未確定な場合は申請可能です。なお、奨学金等を現時点で受給(内定含む)している者が本フェローシップを申請する場合には、併給可否に関わらず、申請前の段階で必ず上記奨学金等担当窓口に申請可否の確認を行ってください。大学推薦奨学金の場合、留学生は所属研究科、留学生以外は学生センターが窓口です。

① 社会人 ※1

② 独立行政法人日本学術振興会の特別研究員

③ 独立行政法人日本学生支援機構の給付型奨学金(※2、※3)を受給している者

④ 留学生として外国の政府等からの奨学金を受給している者

⑤ 国費外国人留学生として日本政府(文部科学省)奨学金を受給している者

⑥ 本学が実施する奨学金等(卓越大学院プログラム、博士課程教育リーディングプログラム、理工情報系オナー大学院プログラム等)を受給している者。

ただし、授業料を援助するためのものについては、この限りではありません。

  ※1 「社会人」とは、①職に就いている者(給料、賃金、報酬、その他の経済的な収入を得る仕事に現に就いている者)、②給料、賃金、報酬、その他の経常的な収入を得る仕事から既に退職した者、③主婦・主夫を指します。

ただし、③については、生活の実態により、社会人とはみなさず、申請資格を認める場合があります。

  ※2 文部科学省外国人留学生学習奨励費を含む。

  ※3 同機構の貸与型奨学金については受給資格に影響しません。

<採用期間>

2022年41日から3年間(36カ月間)

※上記期間中に退学、除籍となった場合、その時点までの期間とします。また、2022331日時点で大学院の博士(後期)課程に在籍している者の採用期間は2年6か月間とします。

<申請に要する書類等>

① 出願願書(様式1)
② 出願理由書(様式2)
③ 研究計画書(様式3)
④ 大学院の成績証明書
⑤ 英語力検定試験認定証の写し(様式1に点数記載の場合のみ)
⑥ 受験票・写真票(様式4)
⑦ 受験票送付用封筒(郵送での応募者のみ)
⑧ 推薦書 兼 承諾書(様式5)

 

様式ダウンロード

出願願書(様式1)
出願理由書(様式2)
研究計画書(様式3)
受験票・写真票(様式4)
推薦書 兼 承諾書(様式5)

 

<選抜日程>

選抜プロセス

期日

時刻等

場所

申請受付

11月1日(月)

~11月17日(水)

 

郵送もしくは電子申請(QLEAR支援室)

書類審査合格発表

12月7日(水) 14:00 本プログラムホームページ
選抜試験(面接審査)

12月14日(水)

~12月16日(木)予定

別途連絡

別途連絡

最終合格(採用内定者)発表 12月21日(火)

14:00

本プログラムホームページ

 

<送付方法>

    【郵送による申請】

    申請書類に必要事項を記載した後、「10.申請に要する書類等」にある①~⑦の書類一式を下記の宛先に、角形2(33 cm×横24 cm 程度)の封筒を使用して、必ず「特定記録速達」郵便で送付してください。(2021 11 17()以前の発信局(日本国内)消印のあるものに限り、期限後に到着した場合でも受理します。)

    宛先: 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-2

       大阪大学 文理融合型研究棟604

       QLEAR 支援室

    【電子申請】

    1)申請書類に必要事項を記載後、pdf ファイルに変換してください。変換の際に、編集を制限しない(「編集に制限」の項にチェックを入れない)でください。成績証明書と英語力検定試験認定書はスキャナーなどで読み込んでpdf ファイルに変換してください。電子申請の場合、申請書類⑦「受験票送付用封筒」は不要です。

    2)申請書類①~⑥のpdf ファイルは、ファイル名を「姓名-1.pdf ~ 姓名-6.pdf」(例:阪大太郎-1.pdf、阪大太郎-2.pdf、...、阪大太郎-6.pdf)として準備してください。

    3)NII FileSenderhttps://filesender.nii.ac.jp/)でqlearoffice@qiqb.osaka-u.ac.jp へ送付してください。
    出願書類を NII FileSender で送付した後、送付した旨を qlearoffice@qiqb.osaka-u.ac.jp のメールアドレスまでご連絡ください。個人情報保護のため、電子メールへの添付は行わず、必ずNII FileSender を利用してください。電子メールへの添付による送付など、NII FileSender 以外の方法で電子申請された場合には申請とはみなしませんのでご注意ください。なお、NII FileSender は国立情報学研究所が提供している大容量ファイル送信サービスです。ファイルは暗号化してサーバに保存され、ファイル通信時はSSL による暗号通信で守られます。利用には大阪大学個人ID およびパスワードが必要になります。利用方法の詳細は下記マニュアルからご確認ください。学外の方は、所属機関選択画面で所属機関名を選択し、所属機関指定のユーザID およびパスワードを入力してログインしてください。所属機関名がない場合は、【郵送による申請】にしたがって下さい。

    NII FileSender 利用方法:https://www.andrew.ac.jp/c-center/pdf/SAINT/NIIFileSender_manual.pdf

    学術認証フェデレーションによるログイン方法:https://web.auth.osaka-u.ac.jp/gakunin/ds-login.html

    (注)

    • 申請には所定の様式を使用すること。変更は認められません。
    • 申請書類の提出後、その記載事項を変更し、又は補充することは認められません。
    • 申請は1人1件とすること。他の大阪大学フェローシップ創成事業との併願等、重複申請は認められません
    • 受験票は、申請手続後、受験番号を記載し、受験票送付用封筒で申請者へ郵送します。
    • 申請書類に不備のある場合は受理できません。

     

    【各種問い合わせ先】

    大阪大学 QLEAR支援室
    TEL:06-6850-6155
    E-mail: qlearoffice@qiqb.osaka-u.ac.jp